世界線航跡蔵

Mad web programmerのYuguiが技術ネタや日々のあれこれをお送りします。

2014年09月23日

Heroku本を読んだ

『プロフェッショナルのための実践Heroku入門』をざっと読んだ。

コンパクトにまとまっていて良い本だと思う。 私が以前1日がかりで調べて回ったこと+αぐらいが書かれているので、読んでおけばそういう調べ回る時間を節約してくれるし。

インストール手順に結構な紙面を割いたりするあたりはあまり好みの構成ではないが、薄い割に触れているトピックが豊富なのは良い。 Herokuの概要、各言語の開発環境セットアップ、Herokuを用いたアプリケーションの開発サイクル、デプロイの仕組み、Addon, Herokuアーキテクチャの外観などに順に触れている。 web開発者ならこれだけ一冊読めばとりあえずHerokuにアプリケーションを立ち上げられるようになるだろう。 ベストプラクティスやアンチパターンについても折々触れているので、読んでおけば先々楽にもなる。

残念なのは、workerプロセスについては名前ぐらいであまり触れていないことだろうか。workerがあればmicroservicesも可能だ思うのだけれども、web dynoからworker dynoにアクセスするにはどうしたら良いのかわからなかった。これは前にHerokuのhelpを調べたときも良くわからなかった。ambasadorパターンしてくれてたりするのだろうか。

これは愚痴だけれども、冒頭の概説におけるGoogle Cloud Platformの扱いが悲しい。

  • IaaSの例としてはGoogle Compute Engineは無視された。紙面には限りもあるので落とされるものがあるのは仕方がないが、ごく個人的な希望としては入れてくれたら嬉しかった。
  • Google AppEngineではRDBが使えない、ということはない。Cloud SQLというのがあって、これは普通のMySQLとして使える。
    • AppEngineではBigDataというKVSしか使えないと書いてあるのはBlobstore (もしくはGoogle Cloud Storage)とDatastoreが混ざってないだろうか。BigDataという製品は今のところ無い。
    • Blobstore/Cloud Storageは要するにS3みたいなものなのでKVSといえばKVSだし、特にBlobstoreのAPIはKVSっぽい。DatastoreはEventually Consistentじゃなくて厳密にtransactionalなHBaseみたいなものなのでKVSとはちょっと違うNoSQL DBだ。

プロフェッショナルのための 実践Heroku入門 プラットフォーム・クラウドを活用したアプリケーション開発と運用 (書籍)

著者
相澤歩, arton, 鳥井雪, 織田敬子
表題
プロフェッショナルのための 実践Heroku入門 プラットフォーム・クラウドを活用したアプリケーション開発と運用 (書籍)
出版者
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
ASIN
4048915134
価格

トラックバック

http://yugui.jp/articles/882/ping

現在のところトラックバックはありません

コメント

blog comments powered by Disqus

ご案内

前の記事
次の記事

タグ一覧

過去ログ

  1. 2016年07月
  2. 2016年01月
  3. 2015年09月
  4. 2015年08月
  5. 過去ログ一覧

フィード

フィードとは

その他

Powered by "rhianolethe" the blog system