世界線航跡蔵

Mad web programmerのYuguiが技術ネタや日々のあれこれをお送りします。

2014年02月02日

fluentdを勉強中

最近はlog collectionというとfluentdが話題らしいというので、少し触り始めている。 多少は分かってきたように思うので理解したことと、理解できていないところをまとめてみようと思う。

fluentdとは何か

オフィシャルサイトには"tool to collect events and log"と書いてある。 要するに、サーバー群から継続的に情報を吸い上げるための仕組みを提供するdaemonである。

この「情報をかき集める」という枠組みは今時のサーバーサイドでは頻出パターンだ。 データベースサーバ、アプリケーションサーバー、フロントエンドキャッシュサーバー, ...と役割分担をするのが普通だし、 アプリケーションサーバーだって負荷分散のために複数インスタンスを持つのが当たり前だ。 そしてこれらサーバー群をきちんと管理するためには様々な情報をかき集めてきて一カ所に保存したり集約したりする必要がある。 たとえば、

  • アプリケーションサーバーのログを全インスタンスから集めて一覧可能にする
  • キャッシュサーバーのヒット情報を集めて解析する
  • 各マシンのディスク空き容量を定期的に集めて不足しそうなら警告を出す

これらはいずれも一見するとそれほど難しい処理には思えない。scpとcronでもできそうだ。 しかしデータ転送の際の失敗をどうやって扱うのかを考えだすと、自明ではなくなる。 定時バッチ処理ではなくリアルタイムに処理し続けるようにしたいと考えると問題はさらに難しくなる。 失敗時は適切な時間を置いて再試行するように。通信エラーで情報が失われたりしないように。

fluentdはこの頻出パターンを司り、上記のような困難を処理してくれる。 そして、パターンの個々のバリエーションに対応できるようにデータ入力、加工、出力のそれぞれをプラグインなどで拡張可能になっている。

また、異なるデータソースからの情報をバラバラにあつめるのではなくfluentdという1つのシステムにつなぐことそのものにも意味がある。 データソースをまたいだリアルタイムの解析も容易になる。

よく分かってないこと1: システム監視

fluentdだけでモニタリングシステムを構築できるだろうか。すべきだろうか。

情報をかき集めて変換するという点でシステム監視はfluentdのカバーする範囲に思える。 一方でシステム監視の世界ではnagiosZABBIXももた話題になっているようだ。 こういうのとfluentdは棲み分けるべきなんだろうか。それともfluentdに集約してしまうべきなんだろうか。

可能ならシステムの中に似たようなモジュールは2つ置きたくない。fluentdを中心としたモニタリングは可能そうだし、実際に構想している人もいる。 でも、もし餅は餅屋としてシステム監視専門のモジュールならではのfluentdでカバーできない利点があるならそれは知りたい。

よく分かってないこと2: アーキテクチャ

Sensuやなんかだと、データ転送をreliableにするためにRabbitMQを使っている。 一方fluentdのforwardingは特にそういうミドルウェアは使ってない。fluentd自身ががんばってエラー対応している。

こういうのは別途ミドルウェアでqueueを使うものだと言う思い込みがあったのでfluentdのやり方は見慣れない感じがする。 この違いはどういう設計判断によるものなんだろう。

お返事

疑問を書いてみたら偉い人からお返事来た。

MQ使わないのはやっぱりそういうことか。モニタリングは、うん、もうちょっと考えてみよう。

トラックバック

http://yugui.jp/articles/879/ping

現在のところトラックバックはありません

コメント

blog comments powered by Disqus

ご案内

前の記事
次の記事

タグ一覧

過去ログ

  1. 2016年07月
  2. 2016年01月
  3. 2015年09月
  4. 2015年08月
  5. 過去ログ一覧

フィード

フィードとは

その他

Powered by "rhianolethe" the blog system