世界線航跡蔵

Mad web programmerのYuguiが技術ネタや日々のあれこれをお送りします。

2013年03月10日

ぐんまRuby会議01で発表した

ぐんまRuby会議01で発表してきた。

講演依頼では、「Rubyを通じて見てきた世界、ソフトウェア開発者としての世界観を語ってほしい」とのことであった。そうすると、私がRubyに関わっている理由は2つだ。

  • 個人的にRubyが好きで手に馴染んでいて、これからも継続してほしいから
  • 私が望む世界が実現されるための手段としてRubyは有効であり、Rubyに発展してほしいから

上についていえば好きなものを好きなのにそんなに理由はない。たぶん「プログラマのあるサブセットにとって自然で親しみやすく」というMatzの言語デザイン意図にうまくはめられたというだけだろう。 下についていうと、Rubyはあくまでも手段であり話題の主役ではない。が、Matzの意図についてはMatzがすでに多くを語っているし、私は下について話すことにした。内容は過去の記事+α。

ある人の世界観を共有する手段としては、背景にある読書歴というのが欠かせない。またそれらの書籍を通じてよりハイコンテキストな情報を限られた時間で伝達できる。だから今回はいろいろな書籍を挙げながらMad web programmerと私の望む世界とそこに至るための私自身の取り組みについて話した。

スライドだけ見ても意味不明で、むしろ誤解を招きかねない部分もあるのでスライドの公開予定はない。ただ、その中では次のような書籍に言及した

正直なところ、あの内容を話すのも準備するのもかなりしんどい。それで若干準備し切れていない部分もあった。需要があればまたどこかで話したいと思う。

トラックバック

http://yugui.jp/articles/874/ping

現在のところトラックバックはありません

コメント

blog comments powered by Disqus

ご案内

前の記事
次の記事

タグ一覧

過去ログ

  1. 2016年07月
  2. 2016年01月
  3. 2015年09月
  4. 2015年08月
  5. 過去ログ一覧

フィード

フィードとは

その他

Powered by "rhianolethe" the blog system