世界線航跡蔵

Mad web programmerのYuguiが技術ネタや日々のあれこれをお送りします。

2012年12月31日

SSD/Linuxをvirsh+kvm+qemuにインストールする

OpenMicroServerのカーネルビルド環境としてSSD/Linuxを用意しようと思う。 VMWare用のイメージが提供されているので以前はVMWare Fusionでそれを動かしたことがある。 今回は故あってKVM+qemu環境で動かすことになった。

インストール

サポートサイトからVMWare実行イメージをダウンロードする。zipで固められているのでこれを展開する。

% unzip ssdlinux-1.0.0-20121220.zip

このイメージは3つのディスクイメージから成っている。

% ls
hda.vmdk  hdb.vmdk  ssdlinux.vmx  vmboot.fs

hda.vmdkがルートファイルシステム, hdb.vmdkがホームディレクトリらしい。 それでvmboot.fsがext2のrawイメージで起動用FDのイメージだ。

最初hda.vmdkの中にbootセクタを探そうとしたり、hda.vmdkをqcow2に変換したら動かなかったりといろいろ苦労した。幸いなことにqemuがそのままvmdkを読めるので特に変換はせずに使用する。

VMWare用のssdlinux.vmxを参考に、virsh用に次のようなドメインを定義した。 virt-managerの手も借りたので下記は最小セットではない。

<domain type='kvm'>
  <name>v254</name>
  <description>Build Environment for OMS firmware</description>
  <memory>262144</memory>
  <currentMemory>262144</currentMemory>
  <vcpu>1</vcpu>
  <os>
    <type arch='i686' machine='pc-0.12'>hvm</type>
    <boot dev='fd'/>
    <bootmenu enable='yes'/>
  </os>
  <features>
    <acpi/>
    <apic/>
    <pae/>
  </features>
  <cpu>
  </cpu>
  <clock offset='utc'/>
  <on_poweroff>destroy</on_poweroff>
  <on_reboot>restart</on_reboot>
  <on_crash>restart</on_crash>
  <devices>
    <emulator>/usr/bin/kvm</emulator>
    <disk type='file' device='floppy'>
      <driver name='qemu' type='raw'/>
      <source file='/var/lib/libvirt/images/ssdlinux/vmboot.fs'/>
      <target dev='fda' bus='fdc'/>
      <alias name='fdc0-0-0'/>
      <address type='drive' controller='0' bus='0' unit='0'/>
    </disk>
    <disk type='file' device='disk'>
      <driver name='qemu' type='vmdk'/>
      <source file='/var/lib/libvirt/images/ssdlinux/hda.vmdk'/>
      <target dev='hda' bus='ide'/>
      <alias name='ide0-0-0'/>
      <address type='drive' controller='0' bus='0' unit='0'/>
    </disk>
    <disk type='file' device='disk'>
      <driver name='qemu' type='vmdk'/>
      <source file='/var/lib/libvirt/images/ssdlinux/hdb.vmdk'/>
      <target dev='hdb' bus='ide'/>
      <alias name='ide0-0-1'/>
      <address type='drive' controller='0' bus='0' unit='1'/>
    </disk>
    <controller type='ide' index='0'>
      <alias name='ide0'/>
      <address type='pci' domain='0x0000' bus='0x00' slot='0x01' function='0x1'/>
    </controller>
    <controller type='fdc' index='0'>
      <alias name='fdc0'/>
    </controller>
    <interface type='bridge'>
      <mac address='52:54:00:99:cf:fe'/>
      <source bridge='br0'/>
      <target dev='vnet0'/>
      <model type='e1000'/>
      <alias name='net0'/>
      <address type='pci' domain='0x0000' bus='0x00' slot='0x03' function='0x0'/>
    </interface>
    <serial type='pty'>
      <source path='/dev/pts/1'/>
      <target port='0'/>
      <alias name='serial0'/>
    </serial>
    <console type='pty' tty='/dev/pts/1'>
      <source path='/dev/pts/1'/>
      <target type='serial' port='0'/>
      <alias name='serial0'/>
    </console>
    <input type='mouse' bus='ps2'/>
    <graphics type='vnc' port='5900' autoport='yes' listen='127.0.0.1' keymap='en-us'>
      <listen type='address' address='127.0.0.1'/>
    </graphics>
    <video>
      <model type='cirrus' vram='9216' heads='1'/>
      <alias name='video0'/>
      <address type='pci' domain='0x0000' bus='0x00' slot='0x02' function='0x0'/>
    </video>
    <memballoon model='virtio'>
      <alias name='balloon0'/>
      <address type='pci' domain='0x0000' bus='0x00' slot='0x07' function='0x0'/>
    </memballoon>
  </devices>
 </domain>

このXMLをssdlinux.xmlに保存して、

% virsh define ssdlinux.xml

と定義する。

ここでvirt-managerを起動して、GUIからこのドメインを起動した。

シリアルコンソール

さて、何をするにせよvirt-managerのターミナルエミュレーション経由では不便極まる。 デフォルトでDHCPクライアントとSSHdが立ち上がるので、起動してからの作業ならSSHでも良い。でも できればシリアルコンソールから操作したい。

そこでbootディスクをマウントして修正してやることにする。幸いなことに起動ディスクに入っているのは独自のブートローダーとかではなくGRUBなので、勝手は分かっている。

% mkdir /mnt/floppy
% mount -t ext2 /dev/fd0 /mnt/floppy
% cd /mnt/floppy/boot/grub

で、menu.lstの中身を編集してカーネルオプションとしてconsoleの指定を足してやる。

kernel          (hd0,0)/vmlinuz root=/dev/hda1 clock=pit nosmp noapic nolapic console=tty0 console=ttyS0,9600n8

そうしたらアンマウントして再起動でOKだ。

% cd /
% umount /mnt/floppy
% shutdown -r now

virt-managerのView -> Text Consoles -> Serial1を選択すると仮想シリアルポートに起動中のメッセージが出るのが分かる。

これだけだとシリアルからはログインできないのでgettyも設定してやる。Graphical Console VNCの方に戻してログインしてから、

  • /etc/inittabにttyS0のエントリを足す

    c7:2345:respawn:/sbin/agetty ttyS0 9600
    
  • /etc/securettyのttyS0の行をuncommentする。
  • kill -HUP 1する。

これでホスト環境でvirsh console v254とすればログインできるようになった。

トラックバック

http://yugui.jp/articles/872/ping

現在のところトラックバックはありません

コメント

blog comments powered by Disqus

ご案内

前の記事
次の記事

タグ一覧

過去ログ

  1. 2016年07月
  2. 2016年01月
  3. 2015年09月
  4. 2015年08月
  5. 過去ログ一覧

フィード

フィードとは

その他

Powered by "rhianolethe" the blog system