世界線航跡蔵

Mad web programmerのYuguiが技術ネタや日々のあれこれをお送りします。

2011年12月04日

良い相続人であるために

翔泳社の「君のために選んだ1冊 ソフトウェア開発の名著」という企画に寄稿を依頼されて、以下のような文章を書いた。ブログ等で公開して良いとのことだったのでここに公開したいと思う。 この企画は他の人の分を読むのが楽しみだ。早く本ができあがらないかな。

ちなみに「きっと何者にもなれないお前たちに告げる一冊」というタイトルを最初に思いついたけれど、長く読み継がれる本であってほしいという企画の趣旨を鑑みて流行のネタを使うのは避けた。

yuguiがレガシーコードに絶望した人に贈りたい一冊 - 『レガシーコード改善ガイド』

レガシーコード改善ガイド (Object Oriented SELECTION)

著者
マイケル・C・フェザーズ
表題
レガシーコード改善ガイド (Object Oriented SELECTION)
出版者
翔泳社
ASIN
4798116831
価格

振り返るに私のキャリアの大部分はWebアプリケーション業界のレガシーコードとの戦いであった。 多くのシステム開発者にとって全くのゼロからシステムを開発する機会よりも既存のシステムの拡張や保守に携わる機会のほうが多い。それは私にとっても同様であった。

これは恵まれたことであった。私は先人の遺産(=legacy)とともに仕事をしてきた。 現在私が暮らしている業界自体を作り出した黎明期の開発者たち、あるいはやんちゃな天才ハッカーたち、彼らの仕事に触れることができた。 Webアプリケーションの黎明期には出遅れた、論文を書けるような先端技術に通じているわけでもなく、競技レベルの優れたコーダーでもない平凡な私が彼らと同じ開発の場に立つことができた。

ここで問題は、それらのシステムの多くがいわゆるレガシーコードであったということだ。 適切なデザインのシステムにおいて、ある変更をするとどのような影響があり得るかは自明である。あなたがそのシステムを知って数日しか経っていなくとも自信を持って変更を行うことができる。しかしレガシーコードにおいてはそうではない。多くの情報が目に見えない形で埋もれていてそのすべてを知ることを要求し、新参者の貢献を拒んでいる。 レガシーコードは変更のコストを増やすのみならず、見通しが悪いためにリスク評価自体を困難にする。

先駆者や天才たちは前人未踏の領域ですばやく動いて生き延びるためにこのコードベースを作り出した。あるいは抽象化や分割統治、すなわち複雑と多量を凡人が取り扱うための工夫を必要としない故に。 そして先駆者にだけ通じる暗黙知を前提とした拡張や、天才が次の挑戦を求めて旅だった後の担当者による生半可な保守行為がレガシーコードを静かに腐らせていた。 拡張しづらく、複雑で理解に苦しみ、ちょっとした変更が予期せぬ副作用を産むレガシーコードに私は絶望した。 あなたもまたレガシーコードに絶望してきたのではないだろうか。そうでなくともあなたが先駆者や天才でないならば、いつかレガシーコードに出会いその中で開発することだろう。そんなときにどうすれば良いのか。

最悪の選択はレガシーコードに向き合うことをやめて、適当に目に付いたところに拡張を施しては壊れませんようにと祈ることだ。そうした半端な仕事こそがコードをますます腐らせる。それは先人の遺産を食い潰して生きることに等しい。その果てになんの望みがあるだろう。

いっそ初めからやり直したくなることもある。レガシーコードを捨てて新たに同じ機能を書き下ろす。それが適切なときもある。けれども先人の知恵が詰まったそのコードを、大体は完璧な仕様書など存在しないというのにどうやって漏れなく再実装するのか。こうしたリスクを取れないこともある。

だから、朽ちていくレガシーコードに出会ったならばそれを殺さぬまま再生に導かねばならない。 生まれたてのシステムのように適切なモジュール化を施せ。考古学を行なって暗黙の知識を発掘しコードに明示化せよ。 『レガシーコード改善ガイド』はこうした作業をなすための知恵を説く。

まず本書は独特の意味でレガシーコードを定義する。「テストケースの無いコードはレガシーコード」である。これは過激なようだが上手な定義だ。 適切にテストケースを書こうとすれば自ずとシステムは適切にモジュール化され、前述のような欠点はなくなる。つまりまだテストケースのないシステムはそのような欠点を抱えている可能性が高い。

次に、いかにしてテストケースを取り付けるか、それから著者が「テストハーネス」と呼ぶテストでソフトウェアを固定してリファクタリングすることを述べる。 更にいくつもレガシーコードでの開発によくある状況を挙げて対処法を教える。

私はレガシーコードを多く見てどのようなときに何が悪い設計なのかを知った。多くの本を読んでは実践し、あるべきソフトウェアデザインを考えた。 しかしレガシーコードをどうやってあるべき姿に導くのかは手探りを続けていた。そんなときに本書を読んだ。自分のやり方が正しかったことを知ったり、思いつかなかった大胆なやり方に息を呑んだりした。

あなたもレガシーコードに出会うだろう。そんなときに本書から知恵と勇気を得て欲しい。

トラックバック

http://yugui.jp/articles/869/ping

現在のところトラックバックはありません

コメント

blog comments powered by Disqus

ご案内

前の記事
次の記事

タグ一覧

過去ログ

  1. 2016年07月
  2. 2016年01月
  3. 2015年09月
  4. 2015年08月
  5. 過去ログ一覧

フィード

フィードとは

その他

Powered by "rhianolethe" the blog system