世界線航跡蔵

Mad web programmerのYuguiが技術ネタや日々のあれこれをお送りします。

2010年09月05日

Ruby 1.9.2のリリースと、イベントでの発表と

去る8月18日、Ruby 1.9.2-p0をリリースした。これは、Rubyの最新安定ブランチとなるRuby 1.9.2の初のリリースである。

先日のRuby会議2010でもこのリリースについて報告してきた。

明日からのRubyWorld Conference 2010でも似たような内容の発表をする予定だ。

今回のリリースでは、リリース管理に必要なチケットの整理やらなんやら、mameさんにお世話になりっきりであった。これはリリースに必要な作業であるから、誰もやらないなら私がやらなければならないものであった。けれどもなかなか時間が取れずに放置していたら、痺れを切らしたmameさんがリリースマネージャ解任動議を発して発破をかけてくれたり、mameさん自身がチケットを大量に整理したりしてくれた。

私も後半は、いくつものパッチ取り込み判断を毎日こなしたり、なかなか解決しない問題についてメールを書きまくったり、お仕事らしいお仕事をしたのだが、ともあれ、mameさんがいなければRuby 1.9.2はリリースできなかったろう。

Ruby会議の発表でも言ったのだが、Ruby 1.9.2はbetter 1.9.1である。私が常々言ってきたように、1.8からへの1.9対応を進めてきたコードは1.9.2でもおおよそ問題なく動くはずだ。若干の仕様変更はあった。Ruby 1.9.1の時点ではとにかくカオスと化していた1.9系統開発を収束させることを目指したのだが、1.9.2では更に仕様の一貫性を高めた。また何よりもRubySpecにpassするということ、つまりRubySpecを通じて「Ruby 1.9の仕様とはこういうものである」と示すことができた。そして、我々Ruby開発陣もRubyを安定にメンテナンスするためのいくつもの教訓を得、経験を積むことができた。その集大成がRuby 1.9.2である。いままで1.9への対応を進めてきてくれた諸々のシステムが、いよいよ本格的にRuby 1.9を利用する第一歩となるリリースがRuby 1.9.2である。

まだもう少し事例が集まらないとお奨めするのは無責任な気もするが、しかし、可能性としては従来保守的にRuby 1.8.6を使っていたようなシステムでRuby 1.9系統を投入する未来が少し見えてきたようである。

トラックバック

http://yugui.jp/articles/857/ping

現在のところトラックバックはありません

コメント

blog comments powered by Disqus

ご案内

前の記事
次の記事

タグ一覧

過去ログ

  1. 2016年07月
  2. 2016年01月
  3. 2015年09月
  4. 2015年08月
  5. 過去ログ一覧

フィード

フィードとは

その他

Powered by "rhianolethe" the blog system