世界線航跡蔵

Mad web programmerのYuguiが技術ネタや日々のあれこれをお送りします。

2009年07月21日

Ruby会議で発表した

日本Ruby会議2009で発表した。

Ruby 1.9.2へ向けた案内をしたのだけど、Ruby 1.9.2はひたすら地味である。地味に改善はされているけど、地味に仕様変更もあるし、総じて存在が地味だ。ただ、地味と言うことは良いことで、つまりもうドラスティックな変更はなかったということだ。1.9.1をリリースする段階での仕様確定の努力が実を結んだと言うことだ。

仕様変更は確かにある。でもそれは、「うっかりこうなってしまっていたけど、誰もがこっちを望むよね」というどちらかと言えば実装上のバグに近いものが多い。ここからも、1.9系統の言語仕様が当面は安定であるということが確認できる。

たぶん、1.9.5ぐらいまであっと驚くような仕様変更はない。それにしても、1.8から1.9への差分よりはずっと小さい。ひょっとしたら、1.9.5とかから2.0への移行も、ずっと少ない手間でできるかもしれない。というか、1.9の1.8に対する非互換性はその為にある。2.0という未来にユーザーが楽に移行できるためにある。

だから、いずれ1.8系統が放棄されるとき、いずれ1.9系統でなければ話にならない時代がやってきたときのために、ライブラリやアプリケーションの移植を始めるなら今だ。スクリプティング目的ならすぐにでも移行しよう。私はそうしてるし、それに慣れてしまったらもうRuby 1.8の遅さには耐えられない。インメモリでぶん回すようなスクリプトだと本当に10倍速度が違うんだから。

トラックバック

http://yugui.jp/articles/837/ping

現在のところトラックバックはありません

コメント

blog comments powered by Disqus

ご案内

前の記事
次の記事

タグ一覧

過去ログ

  1. 2016年07月
  2. 2016年01月
  3. 2015年09月
  4. 2015年08月
  5. 過去ログ一覧

フィード

フィードとは

その他

Powered by "rhianolethe" the blog system