世界線航跡蔵

Mad web programmerのYuguiが技術ネタや日々のあれこれをお送りします。

2007年11月15日

Javaと中二病

java.lang.*だのjava.io.*みたいな古いAPIは「これからオブジェクト指向な新しい世界が始まる」と気負いすぎている割にマーカーインターフェースとか痛々しいことをやっていたりする。その辺は『Effective Java』で、中の人自身が「あちゃー。いたた」と反省を述べている。というわけで、この本はJavaのAPI設計における良書でもあるわけだ。

この痛々しいAPIを「中二病的インターフェース」と呼ぶならば、その後に台頭した"えんたーぷらいず"な重厚長大APIはさしずめ「高二病的インターフェース」だろうか。

昨今のSeasarの活動で成し遂げられ、また羽生さんが「これからようやくJavaが始まる」と言っているのはこのような多重に痛々しい過去を受け入れ、乗り越えてJavaが成人するということなのかもしれない。でも、乗り越えそこなうと「大二病」への道なので気をつけよう。「業務システムは結局は画面ベースで、フロントにオブジェクト指向はいらない」というのは正当で、高二病への正当な批判であろう。けれども、もし今後「業務システム」「画面」というコンテキストから溢れて「脱OO」に走りすぎるような潮流が起きると、それはまさに「大二病」に違いない。

トラックバック

http://yugui.jp/articles/698/ping

現在のところトラックバックはありません

コメント

blog comments powered by Disqus

ご案内

前の記事
次の記事

タグ一覧

過去ログ

  1. 2016年07月
  2. 2016年01月
  3. 2015年09月
  4. 2015年08月
  5. 過去ログ一覧

フィード

フィードとは

その他

Powered by "rhianolethe" the blog system