世界線航跡蔵

Mad web programmerのYuguiが技術ネタや日々のあれこれをお送りします。

2007年10月03日

待て、これはStallmanの罠だ

Windowsプログラミングの極意』を読んだ。既にあちこちで語られているように、これは「Windowsはなぜこうなっているのか」を語る本である。

Windowsのウィンドウメッセージの仕組みやダイアログ表示の仕組みなんかは、今まで理解が曖昧だった部分が分かって大変為になった。そして、私ゃ、GUIよりはCOMとShellを良く触ったので、その辺の話題はとても興味深かった。

でも、全体に分散配置されている愚痴についてはあまり共感できない。「いかにユーザーが/アプリケーション開発者が身勝手か」という愚痴。そのためにどれだけくだらない互換性レイヤーを書かなければならなかったか。

うんうん。その愚痴の1つ1つは確実に「何故windowsはこうでなければならなかったのか」を説明するもので、著者の個人的な愚痴ではない。でも、私の感想はこうだ。「プロプライエタリの中の人は大変だな」

著者が言う問題は、今の視点からみれば全部「ソフトウェアが自由であれば起こらないこと」である。

過去に対してこの感想を適用するのは不当ではある。Windowsをプロプライエタリで開発して、Microsoftが成長して、世界のデスクトップOSが統一されなければ、現在はまったく違ったものになったろう。プロプライエタリでなければWindowsはここまで成長せず、PCはここまで普及せず、インターネット時代も違った様相を呈しただろう。

でも、その時代は終わった。今Windowsが無くなってもインターネット化への流れは止まらない。もうWindowsの役目は終わった。Ubuntuもあるし、Macも昔の爆弾が良く出るやつじゃなくて本物のUNIXになったし、より良い代替はある。あとはSurfaceだけリリースしたら解散していいよ。←いや、私は普段はこんな無茶を言ったりしないのだけれども、それを言わせたのは本書だ。

私はStallmanの主張に賛同しかねる部分もあるものの、本書を読んでいると何となくStallmanが正しい気がしてくる。「ふーん、ソースコードを公開すればいいのに」「ふーん。GPLなら平気だろうに」「ふーんLinuxなら擁護されるだろうに」と。

これをWindowsの人の本として読むのは間違いだ。多分、著者はStallmanの毒電波を受信してこの本を書かされたのだと思う。これは世界をGPLで染め上げようとする罠だ。

Amazonとの通信に失敗: 4756150004

トラックバック

http://yugui.jp/articles/685/ping

現在のところトラックバックはありません

コメント

blog comments powered by Disqus

ご案内

前の記事
次の記事

タグ一覧

過去ログ

  1. 2016年07月
  2. 2016年01月
  3. 2015年09月
  4. 2015年08月
  5. 過去ログ一覧

フィード

フィードとは

その他

Powered by "rhianolethe" the blog system