世界線航跡蔵

Mad web programmerのYuguiが技術ネタや日々のあれこれをお送りします。

2007年10月01日

大日本天狗党絵詞

大日本天狗党絵詞』は、その物語自体がなんとも天狗のように掴み所のない、分かったような分からないような、と感じていた。

けれども、突然得心がいった。これってHackerのことじゃないか。

三界に家を持たず、人と交わっては数多の不可思議な術で惑わせ、人の目を離れては惨めにさすらう。

寄るべき所を欲せばそれは既に天狗でなく、それを天狗と呼ぶ人がいなければ天狗でなく。

人が切り開く山々は元来天狗のもの。人が認識するこの世とは天狗もまた棲まうもの。けれども、そこにもう天狗の伝説を聞くことはない。

なんだ、Hackerじゃないか。物語の終わりは酷く荒れ果てた場面となる。けれども、天狗が人のような安寧を求めなければ、あるいは人が世の中には天狗という不思議もまたあるのだと忘れず山を侵さないでいればこういうことはなかったのだ。

それでも時代は移り変わり、起こるべき終局は起こり、最後には奇妙な希望だけが残る。

Amazonとの通信に失敗: 406314111X

トラックバック

http://yugui.jp/articles/684/ping

現在のところトラックバックはありません

コメント

blog comments powered by Disqus

ご案内

前の記事
次の記事

タグ一覧

過去ログ

  1. 2016年07月
  2. 2016年01月
  3. 2015年09月
  4. 2015年08月
  5. 過去ログ一覧

フィード

フィードとは

その他

Powered by "rhianolethe" the blog system