世界線航跡蔵

Mad web programmerのYuguiが技術ネタや日々のあれこれをお送りします。

2007年09月20日

ミステリクロノ

ミステリクロノ』を読んだ。

久住四季が書いたと思わなければ面白かったんだけどなぁ。この人はもっと面白いものを書けると思ってるから読後に少々不満感が残った。トリックスターズの久住四季が書いた新シリーズである。前シリーズでは魔術+ミステリを描いて見せたが、今度は時間操作+ミステリということらしい。

設定を出していく部分が妙に説明的に見えたのは何故だろう。そう思って見返すと、実感ほどには説明的な書き方はしていないのね。やっぱりこの作者はそんな下手じゃない。どうして私はそう感じたんだろうと思いながらweb上の書評を漁っていくと、その原因が分かってきた。時間を操る「クロノグラフ」という設定があまりにもミステリを構築するのに従属しているのが見えすぎるんだ。

してみると、やっぱり前シリーズの「魔術」という選択肢はうまく機能していたんだなぁ。ライトノベルで使い古されたモチーフであるが故に、ライトノベルを偽装して道具立てを隠蔽できていた。今回は道具がよく見えすぎてしまって、読者たる私はついつい道具だてに目がいってしまったし、「騙された快感」がないんだなぁ。

で、今回は道具が見えすぎている割にトリックは小さめで。やっぱり、(***自主規制***)が(***自主規制***)なところで謎はそこまでは推理できちゃうよね。私は謎解きの中盤まで動機は推理できなかったけど。

書評を読んでもキャラクターに感情移入して読んだ人の評価はそう悪くないみたい。確かになー、トリックスターズよりはキャラクター小説的だろうか。そういう読み方をして積極的に騙される形のほうが、いっそトリックを楽しめるかも知れない。

ただ、設定解説ラッシュが終わった次作(続くと思われる)以降では(***自主規制***)したり(***自主規制***)したりっていうトリックの余地もあるし、多分「うまく騙してくれる」に違いない。期待して次作も買うつもりでいる。

Amazonとの通信に失敗: 4840239363

トラックバック

http://yugui.jp/articles/681/ping

現在のところトラックバックはありません

コメント

blog comments powered by Disqus

ご案内

前の記事
次の記事

タグ一覧

過去ログ

  1. 2016年07月
  2. 2016年01月
  3. 2015年09月
  4. 2015年08月
  5. 過去ログ一覧

フィード

フィードとは

その他

Powered by "rhianolethe" the blog system