世界線航跡蔵

Mad web programmerのYuguiが技術ネタや日々のあれこれをお送りします。

2007年09月15日

シンボルとは何か 概論

Rubyにはシンボルというものがある:thorughとか:conditionsとか、コロンで始まる表記で、RailsのAPIによく出てくるアレだ。

でも、シンボルって何だろう。この問いに答えられる人は少ないのではないか。シンボルリテラルの表記法は分かる。Symbolクラスのインスタンスであることも分かる。何だか、文字列に似ているのも知っている。で、それは何?

この記事シリーズは、シンボルとは何かという問いに私なりの回答を提示する。

視点

Rubyにおけるシンボルを、私は3つの視点から説明する。

  1. 意味論から言えば、「プログラムにおける名前」という概念に対応するオブジェクトである。
  2. 他のオブジェクトとの相互作用で言えば、「intern化された文字列」に近い
  3. 実装から言えば、Rubyの名前管理用ハッシュ表のエントリである。

シリーズ目次

  1. その1(前編) 文字列の同一性と同値性</a>
  2. その1(後編) 文字列のintern</a>
  3. 以下、続く。

トラックバック

http://yugui.jp/articles/677/ping

現在のところトラックバックはありません

コメント

blog comments powered by Disqus

ご案内

前の記事
次の記事

タグ一覧

過去ログ

  1. 2016年07月
  2. 2016年01月
  3. 2015年09月
  4. 2015年08月
  5. 過去ログ一覧

フィード

フィードとは

その他

Powered by "rhianolethe" the blog system