世界線航跡蔵

Mad web programmerのYuguiが技術ネタや日々のあれこれをお送りします。

2007年09月11日

Exception Notifier Pluginを導入して分かったこと

運用環境でRailsのException Notifierを使ってる。

で、アプリケーションでUnhandledな例外が発生するとメールが飛んでくる訳だ。分かったのは、運用段階まで残るエラーは結局nilに対するNoMethodError、つまりは所謂「ぬるぽ」が多いということ。だから、これからはモデルがnilを返した場合、Viewにnilが渡った場合の挙動についてもっと重点的にSpec記述すべきということだ。

もう1つ言えるのは、今の開発体制においては言語の柔らかさは障害になってないということだ。動的型付けのメリットが活きていて、デメリットはちゃんとRSpecを記述することでカバーできている。「ぬるぽ」はどうせJavaやC#程度では、「言語の固さでカバー」という訳にはいかないものね。型システムの固さでカバーしようとするなら必要なのはJava/C#程度じゃなくてMaybeモナドとかそういう無効値を許さないシステムだ。

そういうわけだから、VMが枯れてるとかパフォーマンスとかではJavaやC#を羨む余地もあるけれども、言語の柔らかさそのものは「やっぱりRubyでいいんだ」と再確認したのだった。

トラックバック

http://yugui.jp/articles/674/ping

現在のところトラックバックはありません

コメント

shachi (2007年09月11日 14時05分11秒)
<p>そうそう。大半の的はnilなんですよ。<br />user.group.name<br />とかってやったときに出る「nil」<br />userはあって、groupが無いときのとか。<br />&gt;Viewにnilが渡った場合の挙動についてもっと重点的にSpec記述すべきということだ。<br />重要ですよね。</p>
blog comments powered by Disqus

ご案内

前の記事
次の記事

タグ一覧

過去ログ

  1. 2016年07月
  2. 2016年01月
  3. 2015年09月
  4. 2015年08月
  5. 過去ログ一覧

フィード

フィードとは

その他

Powered by "rhianolethe" the blog system