世界線航跡蔵

Mad web programmerのYuguiが技術ネタや日々のあれこれをお送りします。

2007年08月13日

Flex2におけるアーキテクチャパターン

AS3/Flex2 を使い始めて約半年

こういう部分を抽象化できるライブラリやパターンがあれば良いんだけど

私もFlex2でのアーキテクチャに悩んでるわけですが。まぁ、GUIの汎用アーキテクチャパターンを利用しない手はないわけで、Flex2の表示リストモデル/イベントバブリングとPAC(Presentation Control Abstraction)パターンは相性がよさそうなので、今試してます。結論が出たらまた何か書きます。

少なくともPACでいうAgentの開放/閉鎖は意識したほうがよさそうで、それだけでもイベントでワケワカになるのはかなり解消できます。例外翻訳同様に、多分イベント翻訳が必要です。Commandパターンも使いたいので、必要に応じてCommandオブジェクトへの変換もしてます。で、イベントの変換やstopPropagation()を多用してると、それは自然にChain of Responsibilityになってくる、と。今のところ分かってるのはここまで。

PACについては次の本が参考になるでしょう。

ソフトウェアアーキテクチャ―ソフトウェア開発のためのパターン体系

著者
F. ブッシュマン, H. ローネルト, M. スタル, R. ムニエ, P. ゾンメルラード
表題
ソフトウェアアーキテクチャ―ソフトウェア開発のためのパターン体系
出版者
近代科学社
ASIN
4764902834
価格

トラックバック

http://yugui.jp/articles/654/ping

現在のところトラックバックはありません

コメント

blog comments powered by Disqus

ご案内

前の記事
次の記事

タグ一覧

過去ログ

  1. 2016年07月
  2. 2016年01月
  3. 2015年09月
  4. 2015年08月
  5. 過去ログ一覧

フィード

フィードとは

その他

Powered by "rhianolethe" the blog system