世界線航跡蔵

Mad web programmerのYuguiが技術ネタや日々のあれこれをお送りします。

2007年03月04日

入門COBOL(新版)

新版 入門COBOL

著者
西村 恕彦, 植村 俊亮
表題
新版 入門COBOL
出版者
オーム社
ASIN
4274129330
価格

基本的にはJIS X 3002-1992準拠らしい。ざっと見渡した中で、一番構成がバランスが取れてそうで、処理系依存やHowToの色彩は目立たなかったのでこれを選んだ。

まぁ、最近のプログラム入門書にありがちな「わーい。楽しいぞっ」っていうポップい感じの書き方ではないけれども、かと言って読みづらい訳ではない。First LanguageとしてのCOBOL入門書としては確かに、プログラミング自体に関する説明が不足かもしれないけれど。私は先のとおり、DSLとしての完成度に激しく興奮して読んでる。

構成は良いと思う。何のために使うのかも分からない構文を延々を説明するんではなくて、まず目的や背景、発想を語り、次にコード例を出してそれを説明し、徐々に噛み砕いて、それからある程度言ったところで正確な文法をトップダウンに説明するっていう形式。ラクダ本と似た構成って言えば分かり易いだろうか。ラクダ本みたいなユーモアはないけれど、楽しく読めている。

トラックバック

http://yugui.jp/articles/593/ping

現在のところトラックバックはありません

コメント

blog comments powered by Disqus

ご案内

前の記事
次の記事

タグ一覧

過去ログ

  1. 2016年07月
  2. 2016年01月
  3. 2015年09月
  4. 2015年08月
  5. 過去ログ一覧

フィード

フィードとは

その他

Powered by "rhianolethe" the blog system