世界線航跡蔵

Mad web programmerのYuguiが技術ネタや日々のあれこれをお送りします。

2006年11月28日

has_one :through 経過報告(1)

has_one :throughを作ってて、一応、基本的な使いかたに関しては動くようになったと思う。本家のRevision 5642から分岐したリポジトリを<URL:http://svn.yugui.jp/svn/has_one_through/trunk/>に置いてある。(注: 2007-07-12現在サーバー停止中)

  • has_one :throughな関連をEager loadingしたときの望ましい挙動がよくわからない。
  • Polymorphic Relationshipとの絡みは適当。こんな仕様でよいのかな。
  • 瀧内さんが書いてくれたUnsaved Objectのところはまだ取り込んでない。これが次のタスクかな。

残りの仕様が固まって、それを実装したら本家にパッチを投げる。

トラックバック

http://yugui.jp/articles/557/ping

現在のところトラックバックはありません

コメント

takahashim (2006年11月29日 02時31分22秒)
<p>いきなりpatchを送るよりも、pluginかgemで導入できるようにして、MLなりなんなりでアピールしてから本家に取り込まれるのを狙ったほうがいいと思うんですけど、どうなんでしょうか。</p>
Yugui (2006年11月29日 11時15分26秒)
<p>前にPluginを作りましたが、これをアピールしたほうがよいですかね。</p> <p>問題は、ActiveRecordのAssociationのロジックはあちこちに散っているのでEager LoadingやPolymorphic associationをサポートするには本体のコードに手を入れるしかないことですね。</p>
blog comments powered by Disqus

ご案内

前の記事
次の記事

タグ一覧

過去ログ

  1. 2016年07月
  2. 2016年01月
  3. 2015年09月
  4. 2015年08月
  5. 過去ログ一覧

フィード

フィードとは

その他

Powered by "rhianolethe" the blog system