世界線航跡蔵

Mad web programmerのYuguiが技術ネタや日々のあれこれをお送りします。

2006年11月26日

has_one :through作ってる。

has_one :throughパッチを作ってる訳だけれども。いや、今日は本棚の整理で手一杯だったけど、昨日は作ってた。

ruby-debug便利過ぎ。最初から-rdebugして起動するとフックのせいで無茶苦茶遅い訳だけれども、ruby-debugならブレークしたいところに"debugger"と書いておけばそこまではさくっと走ってくれる。主に想定してるのはRailsアプリケーションっぽいけれども、ARそのもののユニットテストでも、最初にDebugger.start; require 'ruby-debug'しておけば動いてる。

あとの問題は、本家の人達になんて言ったら必要性をアピールできるんだろうということ。

  • :throughは単なるN+1 problemへの解決法じゃない。それはスタイルだ。リレーションシップを明示的にモデル化することで、ある種の望ましいオブジェクト指向を実現するためのスタイルだ。
  • だから、それは単数の場合でも必要なのだ。
  • で、単数のときにはより簡単な記述で書きたいし、より適切なSQLを発行したいよね? と。

通じるのかな。むー。

トラックバック

http://yugui.jp/articles/556/ping

現在のところトラックバックはありません

コメント

blog comments powered by Disqus

ご案内

前の記事
次の記事

タグ一覧

過去ログ

  1. 2016年07月
  2. 2016年01月
  3. 2015年09月
  4. 2015年08月
  5. 過去ログ一覧

フィード

フィードとは

その他

Powered by "rhianolethe" the blog system