世界線航跡蔵

Mad web programmerのYuguiが技術ネタや日々のあれこれをお送りします。

2006年10月04日

~(なぜ仕事でRubyを使うとうれしいのか)

あー、明日からの「どう見てもデスマです。本当にありがとうございました」な日々の前にちょっとだけはしゃいでもいいですかね。

先日、日経ソフトウエアに書かせていただいた「なぜ仕事でRubyを使うとうれしいのか」がITProにて公開されました。なんか予想以上に反響があって、大物Bloggersにも言及してもらったりして、ちょっと今、浮かれてます。

さてさて。

Rubyに注目させることで考えてもらうのは本意だけれども、他が見えないRuby信者を作ってしまうのは本意でなくて、だからこそ、「分裂勘違い君劇場」のfromdusktildawnさんあたりが突っ込みどころに正確に突っ込んでくださってるのが大変ありがたかったり。「劇場」のファンなので無性にうれしかったり。

実は当初は、突っ込みは小飼弾さんから「それPerlで(ry」が来ると想定していて、日経ソフトウエアの大森さんと「弾さんからなんか言われそう」という話になったときに、「このテーマじゃ、何かいてもどうせ弾さんからは何か言われますよ。使いこなせさえすればPerl最強だし」と答えた私です。でも、弾さんからはメタで興味深いコメントが出て、感服したり。

そして、あー。矢野さんの記事は素晴らしい。これ、JSRに入ってほしい。java.ioに。

こういうのを自分で書けなかったのが恥ずかしい。そうだよなー。Ruby添付ライブラリのGeneratorを「内部イテレータを外部イテレータに変換するもの」と表現するならば、拡張forはやはり「外部イテレータを内部イテレータ風に使う構文」なんだなー。であるならば、イテレータが本質的にclosureを渡す呼び出しであることを利用してこういう語彙が出てきて当然なんだよなー。この手のを実現するなら匿名クラスという思い込みで、考え至らなかった頭の固さが本当に恥ずかしい。

えっと、とにかく、本当にありがとうございました。

トラックバック

http://yugui.jp/articles/524/ping
[Java]Rubyのブロック構文のように、どういう終わり方をしようが確実にファイルをクローズする全行処理メソッドを作る (矢野勉のはてな日記)
昨日の日記ではノリノリで1時間くらいで実装してイテレータを公開したものの、例外が飛んだら終わり、というなんともつまらないオチで終わってしまいました。breakやreturnできないことは意図した動きだったんですが、なぜ例外のことを忘れるかなー.... ブックマークしてく
直感的なプログラミング言語 (Travel on Rails)
 新しい日経ソフトウェアが届いてしまったので、あわてて先月号の日経ソフトウェアを読んだりしています。せっかくのRubyの特集をしている号だというのに気がつけば本棚に置きっぱなしで少し反省。  この号、もちろんRail
[開発][Java]Javaは潜在的に問題をはらんでいる? (神様なんて信じない僕らのために)
 特に言うべきことでもないのですが、気になったのでちょっとだけ。揚げ足取りだと思う人がいたら指摘をお願いします。  Rubyを仕事に使うべし! Part1 なぜ仕事で使うとうれしいのか JavaにおいてもRubyにおいても,ファイナライザは強力な道具であり使うべきときに使え

コメント

blog comments powered by Disqus

ご案内

前の記事
次の記事

タグ一覧

過去ログ

  1. 2016年07月
  2. 2016年01月
  3. 2015年09月
  4. 2015年08月
  5. 過去ログ一覧

フィード

フィードとは

その他

Powered by "rhianolethe" the blog system