世界線航跡蔵

Mad web programmerのYuguiが技術ネタや日々のあれこれをお送りします。

2006年06月29日

天使が舞い降りても

『戦争を演じた神々たち』所収「天使が舞い降りても」はその寓話的雰囲気が好きだ。いや、この連作短編集に収録されている作品は全部、寓話的、神話的、詩的にして荘厳なのだけれど。

Amazonとの通信に失敗: 415030632X

不調に襲われるとたまにこの作品のフレーズがぐるぐると頭の中を回り出す。

  • 「"喪失"だな。おまえの物語のメインテーマは"失うこと"だ。人生の最初から」
  • 「連中はなにごとかを成しているぞ。どのような意志かどのような目的か知らんが、ともかく莫大なエネルギーだ」
  • 「彼らの行った破壊のエネルギーが、わしにいったいどれほどの力を与えていったか、想像がつくかね?」

あ、気がついたら、これ全部AUM老人の台詞だね。聖音AUM。サンスクリット語かな。どっかの今は改名した新興宗教団体が名前にも使ってたね。

世界の創造と維持と破壊の作用。ヴェーダの三柱の神々。中国語への音訳転写で仏典では阿吽(あうん)だったか。

死ねばいいのに。

トラックバック

http://yugui.jp/articles/474/ping

現在のところトラックバックはありません

コメント

blog comments powered by Disqus

ご案内

前の記事
次の記事

タグ一覧

過去ログ

  1. 2016年07月
  2. 2016年01月
  3. 2015年09月
  4. 2015年08月
  5. 過去ログ一覧

フィード

フィードとは

その他

Powered by "rhianolethe" the blog system