世界線航跡蔵

Mad web programmerのYuguiが技術ネタや日々のあれこれをお送りします。

2006年06月14日

理工書の買いかた

がんばれ!アドミンくん - 情報砂漠」は結構しゃれにならない。

私が本を買うときは、こんな感じの方針だ。

理論は重要

背景理論、技術が変わっても色褪せない基礎知識の本は吟味の上、理解するために必要なものを買う。

  • 陳腐化しないので役に立つ
  • 数学重要
  • 技術者たるもの学会誌を購読したり、論文を取り寄せて読んだりしてナンボ。
    • といいつつAOPの研究とかに全然追い付けていない私
    • 学生バイトは図書館で読めるので実は恵まれてる。私ゃ卒業したらそこらへんのお金がかさむようになった。

基礎も重要

基礎技術の本にはお金を惜しまない

  • あまり陳腐化しないので資産になる
  • あとで後輩の教育に使いまわせることも多々ある

歴史重要

古典的名著の類にはお金を惜しまない。Knuthの本とか。

  • ハッカーのジョークを理解し易くなるし。
  • なんとなく満足感があるし
  • いくらか陳腐化してても、完全に陳腐化仕切ることはまれだし

使いかたはどうでもいい

How-toはググればいくらでも手に入るし、原則お金を払う必要なし。

  • というか、本来Why, Whatをしっかり身に着けていればHow-toは教えてもらう必要すらない筈。
    • まずHow-toに頼らざるを得ない程度の技術しかないことを恥じるべき
    • でも、頼らざるを得ない場面も多々あるのが私の現実
  • HowTo本にはできるだけお金を惜しむ
    • HowTo本にケチになることで、未熟な部分を自覚する機会を得る
    • HowTo本はすぐ陳腐化するのでもったいないし、邪魔。
  • でも、ググっても2chを見てもどうしてもよく分からないときは見栄は捨ててHowTo本を買う。
    • 見栄にこだわってなすべき業務をこなせないのは最も恥ずかしい
    • でも、できるだけ会社のお金で買う。

トラックバック

http://yugui.jp/articles/453/ping

現在のところトラックバックはありません

コメント

blog comments powered by Disqus

ご案内

前の記事
次の記事

タグ一覧

過去ログ

  1. 2016年07月
  2. 2016年01月
  3. 2015年09月
  4. 2015年08月
  5. 過去ログ一覧

フィード

フィードとは

その他

Powered by "rhianolethe" the blog system