世界線航跡蔵

Mad web programmerのYuguiが技術ネタや日々のあれこれをお送りします。

2006年06月03日

expression templateってモナドだよね。

特にIOモナドとか、boost uBLASのexpression template技法そのまんまという気がする。boost spiritも近いかな。expression templateもまた、コンパイル時に「どうやって計算するか」を値として、実行時はその値を利用する訳で。

C++ templateによるメタプログラミングを言語内言語と捉えれば、その副作用を持つのが難しいという性質から、思想こそ圏論でなくモナド律を前面に押しだしこそしていないけれど、似たようなものが見られるのは必然なのかもしれない。

トラックバック

http://yugui.jp/articles/447/ping

現在のところトラックバックはありません

コメント

takiuchi (2006年06月13日 12時43分12秒)
<p>長いことC++TemplateでExpression Templateを使ってきたのですが、今となっては先にHaskellを学んでからC++Templateをはじめれば楽だったろうなあと思う次第。<br />逆にMonadを理解するならC++Templateを先にかじった方がわかりやすいかも。</p>
blog comments powered by Disqus

ご案内

前の記事
次の記事

タグ一覧

過去ログ

  1. 2016年07月
  2. 2016年01月
  3. 2015年09月
  4. 2015年08月
  5. 過去ログ一覧

フィード

フィードとは

その他

Powered by "rhianolethe" the blog system