世界線航跡蔵

Mad web programmerのYuguiが技術ネタや日々のあれこれをお送りします。

2006年05月29日

DebianでXen 3.0 - Domain 0編

インストール時はDebian sargeだった、今は「なんちゃってstable」な半分sidなシステムに、Xen 3.0を入れてみた。

DebianでXenを使う記事を探しても野良Makeするレポートばかり見つかる。ちょっと前まで.deb化されていなかったらしいから、そのせいだろうか。今は、sidに入ってる。

インストール

  • linux-image-2.6-xen-686
  • xen-utils-3.0
  • および、上記の依存物

これらのパッケージを入れる。libc6まわりがunstableになるのが嫌ならbackports.orgでも提供されてるみたい。

設定

Xenのパッケージはgrubを設定してくれるようになっていないので、設定する。

  • mkinitramfsで、linux-image-2.6-xen-686用のinitrd.imgを作成。
  • /boot/grub/menu.lstに次のような起動構成を追加。
title   Xen-3.0 / XenLinux 2.6.16.1
root    (hd0,0)
kernel  /boot/xen-3.0-i386.gz dom0_mem=64000
module  /boot/vmlinuz-2.6.16-1-xen-686 root=/dev/hda1 ro console=tty1
module  /boot/initrd.img-2.6.16-1-xen-686
boot

xen-utils-3.0が依存しているxen-hypervisor-3.0-i386というパッケージがあって、これが仮想マシンモニタ本体を提供しているらしい。/boot/xen-3.0-i386.gzというのができるので、これをkernelイメージの代わりに指定する訳だ。domain 0用(?)のkernelイメージはlinux-image-2.6-xen-686が提供してる。

起動

これで再起動したら、domain 0が立ち上がった。実際には、initrdが必要なのに気づかず、カーネルパニック起こしたりしたんだけどさ……。

あとは、domain Uを立ち上げるんだけど。どのカーネル? パッケージの説明は全部同じことしか書いてなくて区別が付かないよ。domain Uが立ち上がったら続きを書く。

参考資料

トラックバック

http://yugui.jp/articles/442/ping

現在のところトラックバックはありません

コメント

blog comments powered by Disqus

ご案内

前の記事
次の記事

タグ一覧

過去ログ

  1. 2016年07月
  2. 2016年01月
  3. 2015年09月
  4. 2015年08月
  5. 過去ログ一覧

フィード

フィードとは

その他

Powered by "rhianolethe" the blog system