世界線航跡蔵

Mad web programmerのYuguiが技術ネタや日々のあれこれをお送りします。

2005年12月29日

快楽主義の哲学(予告編)

快楽主義の哲学 (文春文庫)

著者
澁澤 龍彦
表題
快楽主義の哲学 (文春文庫)
出版者
文藝春秋
ASIN
4167140039
価格

ちゃんとした書評をかけるようになる前に、ちょっとだけ宣言する。

  • ソフトウェア産業の未来を思索する者は全てこれを読むべし
    • 「プログラマーのような精神活動を主とする高度な技術労働と、他方では組立工や記録工のような部分的な単純労働の大量発生に、労働の部門が分かれてしまい、これまでの熟練労働が排除されるように」
    • 「労働と遊びの区別をなくし、働くことがそのまま欲望の解放、欲望の解放がそのまま働くことであるような、矛盾の統一を求めなければならないのです」
    • 1965年にこれを語ったのですよ。トーバルズにもストールマンにも通じそうなこれを。
  • 森奈津子ファンは全てこれを読むべし
    • 森先生のポシェットには常にこの書があるという。
  • ALI PROJECTファンは全てこれを読むべし
    • 「精神の貴族主義」「積極的な快楽への欲望」「美食家」。キーワードだけで十分でしょう。

トラックバック

http://yugui.jp/articles/329/ping

現在のところトラックバックはありません

コメント

blog comments powered by Disqus

ご案内

前の記事
次の記事

タグ一覧

過去ログ

  1. 2016年07月
  2. 2016年01月
  3. 2015年09月
  4. 2015年08月
  5. 過去ログ一覧

フィード

フィードとは

その他

Powered by "rhianolethe" the blog system