世界線航跡蔵

Mad web programmerのYuguiが技術ネタや日々のあれこれをお送りします。

2005年12月21日

Ruby/AJP開発記(1)

net/http互換と言うのはあんまり良い設計でないことが段々分かってきた。

簡単に使用できるように互換インターフェースは作っておくにしても、一番プリミティブなモデルをnet/httpと同じような構成にしてしまうと、利用できる局面を限定してしまう。

AJPがstatefulなプロトコルであることが大きいか。究極的にはHTTPの圧縮転送に過ぎないのだから転送中に生じるstateを全部覆い隠してstatelessにできるかとおもったけれど、でも、そうしてしまうと実装が汚いし、stateに依存する機能を外部から使用するときにえらく苦労する。

むしろ、org.apache.commons.httpclientのほうが参考になるかも。

トラックバック

http://yugui.jp/articles/318/ping

現在のところトラックバックはありません

コメント

blog comments powered by Disqus

ご案内

前の記事
次の記事

タグ一覧

過去ログ

  1. 2016年07月
  2. 2016年01月
  3. 2015年09月
  4. 2015年08月
  5. 過去ログ一覧

フィード

フィードとは

その他

Powered by "rhianolethe" the blog system