世界線航跡蔵

Mad web programmerのYuguiが技術ネタや日々のあれこれをお送りします。

2005年12月11日

真っ当でない大人

ケビン個展の会場のオーナーさんの台詞が印象的だった。「私の子どもは不良にはならないと思う」と。

まわりに普通に働いて暮らしてる大人なんかいないから、「自分は普通に生きる」と思うかも知れない。その「普通」のレールに乗れなかったとしても、自ら乗らない選択をしたとしても、何もレールに乗らないと表明するためだけにバイクに乗る必要はないって見て知っている。いくらでも自己表現のしようはあると知っている。……という。

いいね。これはロールモデルの話だ。私はロールモデルの提供をひとつの究極的な目的とする。オーナーさんの話を聞いて、ならば私はそういう子どものための真っ当でない大人になろうと思った。真っ当な大人のロールモデルは誰かもっとまともな人ががやってくれるだろう。

ちなみに、今『下流社会』を半分読みかけだけれども、そこまで読んでの感想は「よし、下流になろう」と。食うや食わずやの生活は可能なら避けたいけれど、この本が描き出す「中の下」の生活はこの上なく魅力的だ。

そういう、教養溢れ審美眼を磨かれた、上品で、やや低所得で社会の本流から外れた、混乱を好む、真っ当でない大人に、私はなりたい。

トラックバック

http://yugui.jp/articles/313/ping
My style (「私」らしさを探して)
ゆうきさんのブログの「真っ当でない大人」を読んでいて、 そういう、教養溢れ審美眼を磨かれた、上品で、やや低所得で社会の本流から外れた、混乱を好む、真っ当でない大人に、私はなりたい。 の部分に、非常に共感を覚えた。これこそ自分の目指すべきライフスタイルだ...

コメント

blog comments powered by Disqus

ご案内

前の記事
次の記事

タグ一覧

過去ログ

  1. 2016年07月
  2. 2016年01月
  3. 2015年09月
  4. 2015年08月
  5. 過去ログ一覧

フィード

フィードとは

その他

Powered by "rhianolethe" the blog system