世界線航跡蔵

Mad web programmerのYuguiが技術ネタや日々のあれこれをお送りします。

2005年10月19日

(´-`).。oO 人はLispに戻ってくるんだよ

角谷さんとこ経由で見に行った、「2009年あたり LISP がはやる?」。いい味だしてます。

確かに、ECMAScriptのSpecificationが出たときはおぉっと引き込まれたものね。で、「JavaScriptって、みんなが思ってるようなつまらない言語じゃないよ」と言い続けて、でもなかなか分かって貰えなかったりした。互換性問題もあってなかなか使う機会もなく。今年に入って本当に「Ajaxで解禁」された感じだ。

もっとも、私の場合は仕事で本格的にJavaScriptを使うことができたのはAjaxじゃなく、IEツールバーの開発が最初なのだけれど。このときは、どうせIE5以降(for Win32)限定のものだからってことで、JavaScript処理系をかなり絞り込むことができ、おかげでクロージャーも高階関数も気楽に使ってさくさく開発が進んだ。

そして、インテリジェントな情報検索処理系を開発したときには、会社の都合もあって言語こそJavaだったけれど、Paul Grahamがハッカーと画家で言うとおり「Lispのサブセットを実装」している感じだった。ひ日誌の予測とは経路こそ異なれど、結局同じことだ。「使い込むうち Lisp にたどりつく」。

あぁ。Rubyで書くと仕事が楽しいのはそのせいかな。人間が余計な仕事をしないで済むためには、高階関数が必要なのだ。状況に依存して動的に変化する処理をスマートに書くためにはクロージャーが必要なのだ。

Agile Web Development with Railsを読んでたら、「多くの読者はRailsと一緒にRubyそのものを初めて勉強していることだろう」とか書いてあったけれど、ちょうど同じ具合に、今私はKahuaを読みながらSchemeを勉強している最中だ。LLDNで指摘されたように、継続情報を保持することのセキュリティ及びパフォーマンス上の問題は多いに改善の余地があるし、Kahuaそのものが生き残っていくかどうかは分からないけれど、継続渡しをベースとするアプリケーションサーバーというものには可能性があると考える。もし、本当に2009年にブレークするなら、この苦労が報われるってことで、嬉しいかなぁ……。

トラックバック

http://yugui.jp/articles/275/ping

現在のところトラックバックはありません

コメント

blog comments powered by Disqus

ご案内

前の記事
次の記事

タグ一覧

過去ログ

  1. 2016年07月
  2. 2016年01月
  3. 2015年09月
  4. 2015年08月
  5. 過去ログ一覧

フィード

フィードとは

その他

Powered by "rhianolethe" the blog system