世界線航跡蔵

Mad web programmerのYuguiが技術ネタや日々のあれこれをお送りします。

2005年07月28日

Debianのセットアップのまとめ

忘れないうちにメモメモ。

TS-jadeを買ってきてWinXPとFedora Core3のデュアルブート構成にしてみた(5月15日)のであったが、Linuxのfdiskで作ったパーティションテーブルで上、WinXPの「ディスクの管理」を使って空き領域にパーティションを作ろうとしたところテーブルを破損した(5月23日)。その後Winを再インストールして、パーティションはこんな構成になっていた。Solaris10をインストールするつもりだったけれどうまくいっていない5月23日ので、なんか中途半端な構成だ。

パーティションサイズ用途(予定)IDフォーマットマウント
基本領域110GBWinXP07NTFSC:
基本領域25GB未定be-/
基本領域35GB未定bf未定
拡張領域残り全部拡張05--
-論理領域1100MBDebian3.183ext3/boot
-論理領域22GBDebian3.182swap(swap)
-論理領域320GBDebian3.183reiserfs/
-論理領域45GBDebian3.183reiserfs/home
-論理領域51GBOS間共用0bFAT32C:\InterOS-Communication, /mnt/interos
-論理領域620GBWinXP07NTFSC:\Documents and Settings
-論理領域720GBWinXP07NTFSC:\Program Files
-論理領域820GBWinXP07NTFSC:\Backup
-論理領域95GB未定83-
-論理領域101GB未定bf-
-論理領域115GB未定bf-

さて、そして7月24日にDebian sargeをインストールした。お仕事の関係でJavaが使えるかどうかは重要なのだけれどインストーラーに任せて適当にインストールした状態ではJikesとkaffeが入ってる。やっぱりsunのJDKが欲しいので、そっちをインストールしてみた。

まずSunのサイトからjdkのインストーラーをダウンロードしてくる。もちろん、rpmじゃないほうだ。ダウンロードした段階では実行ビットがついていないかもしれないので、chmodする。

ここで、sun-jdkもパッケージ管理の対象にしたいから、そのままインストーラーを走らせてはダメだ。この.binファイルを.deb化する必要がある。そのためにjava-packageというパッケージがあるらしい。

$ apt-get install java-package
$ fakeroot make-jpkg  j2sdk-1_4_2_08-linux-i586.bin
# dpkg -i sun-j2sdk1.4_1.4.2+08_i386.deb

これでインストール完了。インストールにはjava-commonというパッケージも必要だけど、私の環境の場合kaffeやなんかと一緒にこちらは入っていた。入っていないならこっちもapt-getしておくひつようがある。

ただ、インストール終了後もなんかalternativesシステムに登録されていなかったりする。変だなー。他の人のレポート読むと、登録されるらしいんだけどな。深くは考えないことにして、適当にupdate-alternativesを呼んで、javacやなんかのデフォルトをsun-jdkに結びつけた。kaffeはkaffeで好きなプロジェクトではあるけれど、多分実用はしないんだろうな。

参考リンク

トラックバック

http://yugui.jp/articles/226/ping

現在のところトラックバックはありません

コメント

blog comments powered by Disqus

ご案内

前の記事
次の記事

タグ一覧

過去ログ

  1. 2016年07月
  2. 2016年01月
  3. 2015年09月
  4. 2015年08月
  5. 過去ログ一覧

フィード

フィードとは

その他

Powered by "rhianolethe" the blog system