世界線航跡蔵

Mad web programmerのYuguiが技術ネタや日々のあれこれをお送りします。

2005年07月02日

RHGのすすめ

proftpdはコンパクトでよくモジュール化されているから読みやすいのも確かだけれど、でも読むにあたって以前rubyのソースを読んだ経験は役に立っている。結局、C言語で自由なモジュール追加を許す設計にしようとするとかなり選択肢は限られて、だから、rubyとかapacheとか、Linux kernelを読んだ延長としてproftpdのコードもすんなり読めた感じだった。

私がrubyを読んだときには生憎とまだ本としてまとまっていなかったのだけれど、今ならRubyソースコード完全解説という本がある。通称RHG:Ruby Hacking Guideだ。書籍版とは微妙にバージョン違いなのだけれど、RHGオンライン版もある。これが手元にあると読解がいくらか楽になるかも知れない。

今の1.x系rubyはgperfによる完全ハッシュとか、yacc/lexによる構文解析とか、構文木の評価とか、基本的なテクニックの地道にして精密な組み合わせでできていて、勉強には良い素材だと思う。評価器のコアの巨大なswitchだの、見るからにad-hocで効率悪そうなスレッド切り替えだの、良くない点もあるにせよ。

同じ系統に属するガイドとしてはCode Readingというのも一応あるけれど、これはねー。立ち読みした限りでは、煽り文句にあるほどの大層なものじゃない気がして買っていない。これぐらい、今更講釈されなくても、C言語を使えてる人なら誰でも普通にやってることだしね。どうせなら解説本も出たことだし、monaでも読む方がお勉強としてはいいかも知れない。monaは簡易shellがやっと立ち上がるって頃にちょっと読んだだけだけど。

私個人としては、YARVも楽しそうだから近いうちに何かしらHackしてみたいな。

トラックバック

http://yugui.jp/articles/202/ping

現在のところトラックバックはありません

コメント

blog comments powered by Disqus

ご案内

前の記事
次の記事

タグ一覧

過去ログ

  1. 2016年07月
  2. 2016年01月
  3. 2015年09月
  4. 2015年08月
  5. 過去ログ一覧

フィード

フィードとは

その他

Powered by "rhianolethe" the blog system