世界線航跡蔵

Mad web programmerのYuguiが技術ネタや日々のあれこれをお送りします。

2005年06月27日

何となく無力感と、憤り

昔の知り合い——共に切磋琢磨したと言ったら嘘になるけれど、同年代だしちょっとは教え合ったりしたくらいの感じで、多分今でも名前くらいは覚えていてくれると思う——が気がつけば、その業界では日本の第一人者という感じになっていて、ついつい自分と見比べてショボーンとする。比べたってしょうがないんだけどね。「第一人者になるには自分で新しい分野を作ることだ」っていう星新一の言葉は本当だね。

でも、私は日に日にできることが少なくなっていく気がする。前は週に5日活動するなんて当たり前のことだったのに、そしてみんなは当たり前の顔をしてそれをこなしているというのに、今は無理をするとすぐにパニック発作に見舞われて、まともに動ける時間は少ない。今は鬱症状は2週間くらいの周期で揺れていて、谷間に落ち込んだときにはベッドから身を起こすことすらできない。好きな音楽を聴くぐらいしかできないけれどそれでも全く楽しくはなく、何の感情も動かず、何もできず、ただベッドから天井を見つめている。比較的調子がよい日でも、つい先日、ちょっと無理して残業していたら、帰り道に急に調子が悪くなって、何とか歩けるうちに家にたどり着けたものの、そのまま家で廊下に倒れていて家族に発見された。

別に、第一人者になりたいというんじゃないけれど、平均的でありたい。技術者のプライドとしてドッグイヤーのペースから遅れたくはない。流行りものが常に良いと言うんじゃないけれど、必要に迫られたとき流行りものを使えないようではエンジニア失格だ。だんだん、できることが少なくなっていく。いつかこうして技術を理解して何かを作るということすらできなくなるんじゃないかと、それが恐ろしくて仕方がない。

どうして、いつの間にこんなに手足が重くなったんだろう。頭が働かなくなったんだろう。数学的概念が目に見えなくなったんだろう。

そして、これこそ本当に言ってもどうしようもないし、自己矛盾しているのは百も承知だけれど、どうして私はGIDについて身体に対する違和感について、こんなに苦労しなくちゃいけないんだ。自分の運用可能な時間的精神的金銭的リソースを、まずみんなと同じスタートラインに立つためだけにこんなにも費やさなくちゃいけないんだ。そして、そこまでしても絶対に手に入らない部分すらあるのは何故だ。

普通のことが普通にできる普通の人間でありたい。その為なら大抵のものは売り渡すのに。この状況下でここまで生きてくるのに使ってきた能力も、全部いらない。「優秀だよね」って評価されても嬉しくない。その代わりに欲しかった物があるのに。私は、絶対に私の人生に納得はしない。納得するものか。私が斯くして在ったということを許さない。

トラックバック

http://yugui.jp/articles/199/ping
人生における敗北 (ratio - rational - irrational)
人生と運命に敗北したという認識の下での今後の抱負

コメント

blog comments powered by Disqus

ご案内

前の記事
次の記事

タグ一覧

過去ログ

  1. 2016年07月
  2. 2016年01月
  3. 2015年09月
  4. 2015年08月
  5. 過去ログ一覧

フィード

フィードとは

その他

Powered by "rhianolethe" the blog system