世界線航跡蔵

Mad web programmerのYuguiが技術ネタや日々のあれこれをお送りします。

2004年12月06日

プログラミングPerl

今改めてラクダ本を読んでるけど、良い本だ。CなりC++なりJavaなりシェルスクリプトなりを触ったことがある人ならこの上下2巻でPerlのすべてが分かる。基礎的概念・構文はもちろんのこと、内部実装の感触、Perl使いの文化、そして詳細なマニュアル、ジャーゴン解説。他のよけいな本なんかいらない。

どうしても自信がなければ、とほほのperl入門は入門編としては良くできてると思うし、只で見られるのは魅力ではある。でも、あのサイトはとりあえずPerlを書けるようになるためのものであって、Perlの本当におもしろいところ、美しいところには全然触れていない。それを目指してもいないんだろうし。

その辺の雑多な、特に、Perl4を中心にCGI言語ととらえたサイトや解説書はすべて無用だ。私も以前に、他の解説書を、よくよくの吟味の上に買ったことがあるけれど、でもあの投資は無駄だったと今なら言える。

そして、もう一歩進むならEffective Perlでしょう。Effective XXXシリーズの中では一番「刺激的」だった。

プログラミングPerl〈VOLUME1〉

著者
ラリー ウォール, ジョン オーワント, トム クリスチャンセン
表題
プログラミングPerl〈VOLUME1〉
出版者
オライリー・ジャパン
ASIN
4873110963
価格

Effective Perl (ASCII Addison Wesley Programming Series)

著者
ジョセフ・N. ホール, ランドル・L. シュワォーツ
表題
Effective Perl (ASCII Addison Wesley Programming Series)
出版者
アスキー
ASIN
4756130577
価格

トラックバック

http://yugui.jp/articles/159/ping

現在のところトラックバックはありません

コメント

blog comments powered by Disqus

ご案内

前の記事
次の記事

タグ一覧

過去ログ

  1. 2016年07月
  2. 2016年01月
  3. 2015年09月
  4. 2015年08月
  5. 過去ログ一覧

フィード

フィードとは

その他

Powered by "rhianolethe" the blog system